どういう形で残す?大切な写真の保存方法を知る

データとして残す方法

かつては写真撮影にはフィルムが必要で、それを現像して写真を楽しんでいました。そしてネガを残しておけば何度も焼き増しができました。現在はデジタルカメラやスマートフォンで写真を撮影する時代です。フィルムは必要なく、現像の手間もなくその場で写真が楽しめるのもメリットです。デメリットとしては、機器の故障などの何等かのトラブルで写真が消えてしまうことがあげられます。大切な写真をいつまでも残しておくためには保管方法も知っておきましょう。

撮影した写真はパソコンのハードディスクに保管しておく人が多いですが、パソコンの故障で消えてしまう可能性もあります。それを防ぐためにも、DVDディスクやSDカードなどのメディアにバックアップを取ることがおすすめです。最近はクラウドに保存するサービスを活用する人も増えています。この方法ならパソコンが故障したときも安心ですが、セキュリティ面ではやや不安もありますので一時的な保管場所にすると良いでしょう。

写真を印刷して楽しもう

写真を確実に残すなら、印刷して残すことも考えてみましょう。自宅のプリンタで手軽に印刷ができますし、大量に印刷したい場合は専門のプリントサービスも便利です。印刷した写真は写真立てやアルバムで楽しめます。この他では年賀状などのハガキ印刷に活用する、オリジナルのカレンダーを作るのも良い記念となります。結婚式や入学式、旅行などの記念の写真を残したい場合はフォトブックも素敵な思い出の品になります。テンプレートも豊富で初心者も簡単にオリジナルアルバムが作れます。

フォトブックとは、写真を集めた冊子のことです。各種サービスにデジタルカメラの写真データを提出することで、廉価に作ることができます。