腕時計って年齢や性別、職業で変えるべき?

年齢や性別によって似合う時計は違う

年齢や性別によって身につける腕時計は異なるでしょうか。日本では比較的事実と言えます。年齢や性別に似合ったタイプの腕時計があるからです。女性向けの腕時計は年代に応じてファッショナブルであることや、カラーバリエーションが豊富であることが少なくありません。対して男性向けの腕時計の場合には、ファッション性よりも機能性を重視している時計が多く見受けられます。
また同じ女性でも若年層には似合うもの、高齢者に似合うものが存在しているため、腕時計を誰かにプレゼントする場合、年代や性別によって、ある程度絞り込んだほうがいいでしょう。ただし、ユニセックスの腕時計も存在しているため、絞り込む時にそこまで厳密になる必要はありません。

腕時計はプライバシーとビジネスを分ける

働く人にとって、腕時計は必ずしも時間を見るためのものではありません。ビジネスパーソンとしてのステイタスとして持つ人が少なくないといえるでしょう。腕時計をしていることは取引先や同僚、上司達に時間を守ることを考えている身だしなみと評価され、一目置かれるようになる場合もあります。
また好みの腕時計を身につけるだけではなく、ビジネスパーソンに受けのいいファッションアイテムと、プライベートで周囲を気にしないで時間を確認できるようなプライベート用とで使い分けることもビジネスパーソンには必要です。ビジネスチャンスを物にするための選択肢のひとつに、より大きな影響を与える可能性が高いと考えられます。

世界的に有名な高級時計メーカーであるオメガは、1848年にスイスで設立されました。1965年にはアメリカ航空宇宙局の公式腕時計に採用されるなど、確かな耐久性が魅力です。