時代にそぐわないアナログさがおしゃれ。機械式時計の魅力

手がかかるから好きになるという不思議

精密な時計がたくさん出回っている今の時代、2日放っておくと止まってしまう時計に巡り合うのは難しいでしょう。
機械式時計というのは、その2日放っておくと止まってしまう時計です。
この機械式時計は、大きくわけて2タイプあり、ひとつは腕の上げ下げによりネジが巻かれるもの、もうひとつは自分の手でネジを巻くことが必要なものです。
少し面倒に感じますが、手入れをしないと止まってしまうということで愛着が湧くもの。
より、自分だけの時計という特別感があり、その魅力に取りつかれる人が多いというわけです。

眺めるだけでも楽しいムーブメント

時計の心臓部分であるムーブメントは、その動きを眺めているだけでも面白いものですが、リアルなつくりはデザインとしても美しく見えます。
裏が透けていて、ムーブメントがダイレクトに見えるデザインの腕時計もありますが、時計を着けた状態で見えるものもおすすめです。
文字盤部分に透けている箇所があり、着けた状態でもムーブメントを見ることができます。
ムーブメントそのものがデザインの一部となった機械式時計はとてもおしゃれ!
こだわりの時計を着けることで、ファッションそのものもワンランクアップしそうです。

丁寧に手入れして長く使おう

機械式時計はネジを巻くだけでなく、オイルをさす必要があるものもあるなど、日頃から丁寧に扱うことがとても重要です。
しかし、きちんと手入れすることで、何十年と長く着けることができます。
マメに手入れをして、こだわりのおしゃれを楽しみましょう!

ウブロはスイスの高級時計メーカーで、由来であるフランス語の「舷窓」の名前通り、舷窓と同じくビスで留めたベゼルを特徴としています。